処理する機会の多い足は埋没毛ができやすいので注意!

足は以外と露出する機会の多い部位です。そのためむだ毛の処理だけでなく、スキンケアにも気を使わなくてはなりませんね。

 

露出が多いという事はそれだけ外的な刺激を受けやすい部位でもあるので、老化しやすく肌荒れしやすい部位でもあります。みなさんはこのようにデリケートな脚のむだ毛は日頃どのように処理していますか?

 

足のセルフケア

 

足のむだ毛のセルフケアでは、カミソリや電気シェーバーで剃るという人が多いようです。

 

脚はむだ毛の生えている範囲が広いので毛抜きを使うととんでもなく時間も手間もかかりますので、セルフケアとしてはこのように一気に処理する事ができる方法を選ぶ人が多いようです。

 

でも、この剃るという行為が以外と肌を傷つけ、肌の老化や角質化を進める原因となっているのです。

 

セルフケアと埋没毛

 

足のセルフケアをした事がある人なら経験があるかもしれませんが、むだ毛を剃ってすぐはいいのですが、しばらくして次の毛が生える頃になると毛が皮膚に埋もれたような状態になって、赤黒い斑点のようなもんができる場合があります。

 

これはむだ毛を処理した時によく見られる肌トラブルで、カミソリなどの刺激で皮膚の表面に傷ができ、その傷と傷とがひっついて毛穴をふさぐ事からこのような減少が起こります。

 

毛穴がふさがっていても毛は伸びようとしますので皮膚の中で伸びていき、うずをまいたような状態になるので見た目には黒い斑点のような状態になるのです。

 

埋没した毛がたくさんできてしまうと見て目にもあまりキレイではないので、せっかくむだ毛の処理をしても脚を露出する事ができなくなってしまいますね。

 

埋没毛は一度できてしまうと自分ではなかなか対処できません。無理に毛を皮膚から出して処理してしまえば、傷を悪化させてしまい炎症を起こしたり菌に感染したりする可能性もあります。

 

埋没毛にも効果期待のフラッシュ脱毛

 

埋没毛で悩んだ時こそ脱毛エステのフラッシュ脱毛を利用してみてはどうでしょうか?

 

フラッシュ脱毛は埋没毛を作らない脱毛をするだけでなく、既に埋没してしまっているむだ毛にも対応できるとされています。埋没毛は肌の乾燥が原因である場合が多いため、脱毛エステの保湿ケアはとても有効です。

 

また、カミソリや電気シェーバーによる逆剃りも大きな原因とされています。このように間違ったセルフケアを長年に渡って行うことは、肌を傷つけひいては肌の老化を進行させる事につながります。

 

こうした事にならないためにも、脚の脱毛はプロの施術がうけられてスキンケアもしてもらえる脱毛エステで行うのがお肌のためとも言えるでしょう。