日焼けが脱毛にNGな理由とシミ・ほくろ部分の施術

脱毛サロンで施術を受ける時は日焼けに注意が必要です。その理由には二つあります。

 

まず一つは、日焼けした肌はとても乾燥した状態にあるという事です。
脱毛の施術自体が肌に負担をかける行為ですのですでに日焼けによって肌に負担がかかり乾燥した状態で施術を行うのは好ましくありません。それに日焼けして乾燥した肌はとても敏感になっていて、施術の痛みを感じやすくなるとも言われています。

 

メラニン色素とフラッシュ脱毛の関係

 

日焼けがよくない理由の二つ目は、脱毛の効果が薄れる、または出にくくなる可能性が高くなるという事が挙げられます。

 

これはなぜでしょう。
フラッシュ脱毛で使用されるインテンス・パルス・ライトという光は、皮膚にある黒いメラニン色素に反応する性質があります。フラッシュ脱毛ではこの性質を利用して毛根を破壊するのですが、日焼けした肌にはたくさんのメラニン色素が存在します。そのため、通常ならば、毛根の黒さにだけ反応するはずのインテンス・パルス・ライトが、日焼けした事で生じた他のメラニン色素に反応してしまい、ライトの効力が分散してしまいます。

 

これにより通常よりも脱毛効果が薄れてしまう可能性が高くなるというわけです。また、日焼けの度合いによっては施術を断られる場合もあります。このような事にならないためにも脱毛の施術を受ける際には日焼けをしないよう十分に注意しましょう。

 

ほくろやシミはどうなるの?

 

さて、日焼けは自分で気をつける事ができますが、自分では気をつける事ができなくても脱毛の施術を受けられない場所があります。それはほくろやシミのある場所に生えた毛です。

 

特にほくろは自分ではどうしようもないですね。どうしようもないですが、残念ながら施術は受けられません。その理由としては、日焼けのところで説明したようにインテンス・パルス・ライトが黒い色素に反応する性質があるからです。

 

ほくろは見るからに黒いですね。そのためもしもここにライトが当たってしまうと必要以上に反応してしまい軽度の火傷が起こる可能性があるのです。シミのある部分も同じ理由で施術をする事ができません。そのため実際に施術を行う時には、ほくろやシミの部分に肌色のテープを貼るなどして保護した上で他の部分を脱毛するようになります。

 

オススメランキング