妊娠中のフラッシュ脱毛は赤ちゃんに影響があるの?

妊娠や生理は女性にとって非常に大切な問題です。
脱毛の施術を受ける際にもこれらの問題は大きく関係してきます。
ここでは妊娠中の脱毛、生理中の脱毛の二点について見ておきましょう。

 

妊娠中の脱毛について

 

まず妊娠中の脱毛についてです。基本的に妊娠中は脱毛の施術を絶対に受けてはいけないという決まりはありません。

 

ですが、多くの脱毛サロンが妊娠中の脱毛については推奨しておらず断るケースが多いようです。その理由には様々ありますか、1番は母体と赤ちゃんを守るためです。

 

フラッシュ脱毛の施術自体が何かしら影響があるという事は言われていませんが、脱毛の際の痛みや脱毛の時の姿勢が陣痛を起こす要因やストレスになる可能性もあります。

 

また、妊娠中は何が起こるか分かりませんので、施術中に具合が悪くなったりする事があるかもしれません。妊娠初期はつわりなど体調も安定しませんし、逆に安定期に入る頃にはお腹がでてきて体力的にも母体に負担がかかりやすくなりますのでいずれにしても施術を受けるのは難しいでしょう。

 

さらに妊娠中入るホルモンのバランスが変化するため肌の状態わムダ毛の生え方などにも変化が現れます。

 

そのため施術を受けても効果がでにくくなる可能性もあります。こうした理由から妊娠中の脱毛は受ける事ができない、受けない方がよいと言えます。そのため、脱毛中に妊娠する可能性がある人は契約の際に延長保証など、途中で施術が受けられなくなった場合の保証があるかどうかについてもきちんと確認しておく必要があります。

 

生理中の脱毛について

 

さて、では生理中の脱毛はどうなのでしょうか。生理の場合は妊娠中のように施術を断られるという事はあまりないようです。

 

生理中の施術についてはあくまでも自己判断に任せるというところでしょう。

 

しかしながら、生理中の施術はあまりおすすめしないというのが本当のところです。

 

その理由としては生理中は施術の痛みを感じやすくなるという事が挙げられます。生理中に肌が荒れる人が多いように生理中は肌も敏感になっていますので、いつもは何の問題がない人でも痛みを感じたり肌が荒れたりする可能性もあります。あくまでも自己判断の範疇ではありますが、痛みに弱い人や肌が荒れやすい人は生理中の施術は辞めておいた方がよいかもしれませんね。

 

オススメランキング