本当に信頼できるの?脱毛スタッフの資格と技術力

悪徳エステティシャンのイメージ

同じエステでも美肌や痩身などのエステに比べて、脱毛の施術は痛みや肌トラブルなどの面で不安を感じる人が多いと思います。

 

エステサロンで脱毛を検討する際には、実際の施術がどのように行われ、どのような機械を使用しているのかなどについて事前に調べてみる人も多いでしょう。

 

では、その施術を行うエステティシャンについてはどうでしょうか?

 

施術の方法については調べてみても、エステティシャンの技術力についてまで調べる人はなかなかいないのではないでしょうか。

 

どんなに良い機械を使っていても実際にそれを操作して施術を行うのはエステティシャンですので、本当に必要な情報はそのサロンのエステティシャンがどのような資格を持っていて、どのような研修を受けて施術に当たっているのかという事です。ここでは、いくつか存在するエステティシャンの資格について触れておきたいと思います。

 

エステティシャンの資格に注目

 

日本におけるエステティシャンの資格は、公のものではありません。

 

どういう事かというと、エステのテクニックに関して公(国の機関)が認める資格制度が存在しないと言う事です。

 

ではエステティシャンは資格がないのに施術を行っているかといえば、決してそういう訳ではありません。

 

公の資格ではありませんが、民間の協会や連盟が認める認定資格というものが存在します。具体的に見ていくと、資格を認定する民間団体には日本エステティック業協会と日本エステティック協会、IEA国際エステティック協会、国際エステティック連盟などがあります。

 

脱毛サロンのスタッフには資格があるの?

 

エステティシャンの資格の種類

 

日本エステティック業協会

協会名を略したAEAという認定資格を取り扱っています。
AEAは、エステで行われるサービスについての基本的な知識や技術を習得したと認められた人に与えられる資格となっています。

 

日本エステティック協会

日本エステティック協会が取り扱う資格は3つあります。

 

具体的には、認定トータルエステティックアドバイザー、認定エステティシャン、認定フェイシャルエステティシャン/認定ボディエステティシャンの3種類となります。

 

資格を取得するには、筆記や実技、面接など様々な試験を受けなくてはなりません。比較的難易度が高く、中でも認定トータルエステティックアドバイザーの資格が国内では一番難しいとされています。

 

IEA国際エステティック協会

フェイシャルやリフレクソロジー、ボディーセラピー、アロマテラピーなど美に関する幅広い知識と技術を身につけた人に対して、IEA国際エステティック協会認定トータルビューティーという資格と認定しています。

 

この資格は脱毛というよりも全身美容のプロといった要素が強いですが、脱毛の際の肌ケアなどの知識という点では非常に優れた資格を有していると考えられます。

 

国際エステティック連盟

INFA国際ライセンスといって海外でも使用できる資格を認定しています。

 

認定試験に合格すると資格証番号という国際ライセンス合格の証がもらえます。
これが連盟本部に登録されることで国内だけでなく海外でも通用するエステティシャンとなるのです。

 

様々な資格を見てきましたが、脱毛サロンを探す際にはこうした資格を持っているエステティシャンがいるかどうか、またサロンでの研修などがきちんと行われているかどうかなどにも注目して見る事が大切です。

 

このようにエステティシャンの資格には様々な種類が存在します。脱毛を検討する際にはこうした資格をきちんと有している事が確認でき、研修などを行い常に技術の向上を心がけている事が見て取れるサロンを選ぶ事が大切です。

 

オススメランキング